ムダ毛処理で失敗してしまったことといえば、やっぱりそこに異性が絡んできます。

当時私は恋人がいて、学生だったこともあってかなり時間もあり、頻繁にデートをしていたんです。
デートをする上で最終的にはベッドを共にするようなこともありました。
なので、彼と会う前には入念にムダ毛処理をしていました。
特に脇毛の処理は本当に入念にしていました。

男の人にはわからないかもしれませんが、女の人だって何も処理しなければ男の人のように長いムダ毛が生えてきます。
男の人はそれで良いかもしれませんが、女の人はムダ毛のないように処理しなければなりません。
特にロマンチックな雰囲気の時に脇のムダ毛が見えてしまうと、その雰囲気が台無しになるし、何よりそんな姿を大好きな彼に見られたくないので頑張って処理をしていたんです。

しかし気の緩みというのでしょうか。
ついつい脇の処理をするのを忘れてしまった時があったんです。
それを彼と会った直後に気付いてしまい、もうどうしようもありませんでした。

事の成り行きでやはりそういうシチュエーションになってしまい、見せないような動きをするのも難しいと思ったので、自分から白状したんです。
その時は少し驚かれましたが、そういう時もあるよね、と受け入れてくれました。
しかしやっぱり処理の忘れた脇を見られるのは恥ずかしかったです。
少し毛が生えかけていて、男の人のヒゲが生えたようなチクチクしているような状態でした。

もうこんな姿は彼に絶対に見せたくない!と心に誓い、それから彼と会う前日には、必ず脱毛サロンに通うことにしました。
⇒⇒⇒脱毛 三宮

脇のムダ毛は彼だけでなく、季節によっては知人、友人、知らない人にも見られてしまうおそれがあります。
やっぱり夏場になると薄着の洋服になってしまうので、ふとした時に見えてしまう時があるのです。
絶対にそんな姿を彼にもその他の人にも見られたくありません。
なので家で頻繁に自己処理をしていましたが、それすらも面倒に思えてきたので最終的には脱毛してしまいました。