近所の調剤薬局を利用したら、サービス値段共にビックリしました。
近所のスーパー内にドラッグストアはあったんですが、工事をして処方箋受付の調剤薬局にリニューアルして利用した時の体験談です。

今から一年前に私は膀胱辺りがチクチクと痛み、近所の泌尿器科クリニックをで診察してもらいました。
病名は前立腺炎です。
病院で処方箋を出してもらい、クリニック隣の調剤薬局で薬を購入しました。
処方されたのは前立腺炎に効くセルニルトン等三種類の薬を出してもらいましたが、4500円近い、かなり高額な値段だったのです。
国民健康保険だったので三割負担ですが、今まで薬でこんな高額な値段だったことはなく、ビックリしました。
とはいえ、高いからやめますなんて言えませんし、そのまま購入してお店を後にしました。

残念ながら薬を飲んでも病状は改善せず、一ヶ月後にまた泌尿器科を訪れ、処方箋を出してもらいました。
前回隣の調剤薬局は高かったので、今回は違う調剤薬局で購入してみようと思いました。
前回と微妙に薬は変わってて、ちゃんとした比較検証は出来ませんが、セルニルトンは含まれていますし、参考にはなるだろうと考えたからです。

今回は近所のスーパーにある処方箋受付の調剤薬局を利用しました。
ここのスーパーは近所では一番安い値段で商品は販売してますし、ここなら安いかなって思ったからです。
受付時に簡単な問診表みたいなのを記入し、提出してから5分ほど経過してから名前を呼んでもらえました。
薬剤師さんから、前回と同じセルニルトンと今回はこちらの薬に変更してますって感じの説明をしてもらった後、値段を告げられました。
その値段はなんと1600円ちょいです。
前回4500円だったのに今回は1600円?ってビックリしました。
薬に少し変更があるとはいえ、ここまで差があるのかとビックリしました。
しかも、処方箋を持参していただいたお客様にはドリンクのサービスをしてますと言われ、待合室に設置してあるドリンクから好きなものを一つもらえました。
もらったのは500mlペットボトルのお茶ですが、コンビニなら150円以上。
このスーパーでも88円はする商品です。
しかも、ティッシュ1箱までもらえました。

お店による値段差は、薬の変更が大きかったのかもしれませんが、仮に同じ値段でも、ペットボトルとティッシュ1箱ついてくるんですから、あきらかにこちらの方がお得です。
スタッフも笑顔で対応してくれますし、それ以来スーパー内の調剤薬局を利用するようになりました。

薬局によってこんなにもサービスが違うんです。
ブランクのある薬剤師さんは、復職する前に調剤薬局へ実際に通って、自分自身の目で確かめてみるのもいいかもしれませんね。
⇒⇒薬剤師 求人 ブランク